夫がうつ・双極性障害になった人のための

引き寄せの法則をマスターしよう~心理カウンセラーの視点から、徹底解説!~

2018/03/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
家族がうつ病や双極性障害になった方のためのブログを書いています。家族の病気は、実はあなた自身を救うための出来事かもしれません。 自分の人生は、自分で創っているものなのです。カウンセラーの資格をもつ筆者が、自身の経験も交えながら、夫や家族のうつ病・双極性障害をきっかけに、本当の自分らしい人生を創り、真に幸せに生きていくためのコツを、ブログやメルマガでお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

引き寄せの法則をマスターするために必要なこととは?

こんにちは。

家族がうつになった人のためのカウンセラー はなこです。

新年に入ってから、「引き寄せ」の波がすごく来ている…そう感じます(^^)/

日本で自己啓発本や「引き寄せの法則」が流行りだしてから、少し経ち、九州地方に住む私の周辺でも、「引き寄せの法則」に興味を持つ人が随分と増えたなと感じています。

私は、NLPやヒプノセラピーなどの心理分野を学んで、「引き寄せの法則」と心理学は切っても切れない、深い繋がりがあると思っています。

「引き寄せの法則」は、全ての人が使うことができる、そしてそれが私たち一人一人がそれぞれ生まれ持っている、本当の力を発揮する上でとても重要な鍵を握るものなんです。

私は、夫がうつ病で辛い想いをしている全ての女性に、そしてもちろんそれ以外の、それぞれの目の前の現実に一生懸命向き合っている全ての人に、本当に自分らしい人生を生きて、そして生まれた喜びを心から感じるような瞬間を生きている間にたくさん味わってほしいと思うし、自分自身も常にそうありたいと思っています。

そのために、「引き寄せの法則」は本当に大切だと確信しています。

ということで今日は私なりに、「引き寄せの法則」をマスターする方法を記事にしてみました(^^)

 

「引き寄せの法則」とは?

「引き寄せの法則」って、そもそも何のことなんでしょう??

引き寄せに関する本は、本当にたくさん出版されていますが、私なりに様々な引き寄せに関する本を読んだり、引き寄せのセミナーを受けたりした中で、その主張に共通していることを整理すると、

①「自分が思考したこと、自分が日頃思っていること、無意識に前提としていることが現実となる」
②「自分の発した波動と同じ波動のものが引き寄せられる」

ということになると思います。

それは、自分がその現実を望んでいるかいないかに関わらず、常日頃から私たちの現実に起こっています。

自分は不幸なんだ、といつも思っている人には、不幸な現実が、
自分にはお金も能力もないんだ、といつも思っている人には、お金も能力もないとどんどん感じる現実が、
自分は独りぼっちなんだと思っている人には、孤独な現実が、
逆に、自分はみんなに愛されていて、とても幸せだ、と思っている人には、さらに愛されていて幸せだと感じる現実が、
自分には、住むところも食べるものも、大切な人もいて、本当に豊かだ、と思っている人には、さらに豊かな現実が、起こる。

 

①に関しては、人間の脳や心、身体の全体的な仕組みから来る引き寄せ、そして②に関しては、量子物理学的なこの宇宙の物質の法則からくる引き寄せだと考えられます。

私は、自分が色々と試してみた結果、①と②、その二つのことが揃った時に、引き寄せが起こる、どちらも引き寄せには欠かせないものだと分かりました。

 

「引き寄せの法則」とは、今、目の前にある現実が起こる仕組み、「自分」と「今の現実」の関係性を解き明かしたもの(上記①と②)で、それを最大限活用して、自分が望む現実を達成しようと、多くの人が今、唱えているわけです。

 

切っても切り離せない、心理学と「引き寄せの法則」

私の中では、心理学と引き寄せの法則は切っても切り離せない、お互いに必要としている大切なパートナーのようなものだと思っています。

私の中では当然のように結びついていたのですが、ちょうど先日、引き寄せ好きの友人に、「今度私の心理カウンセラーの先生が、引き寄せの講座をやるんだ」という話をした時、「え??『心理学』と『引き寄せ』って関係があるの?心理カウンセラーが、引き寄せのセミナーとか、やるんだ。。」と言われて、「そっか、心理学を学んでいない人にとってその結びつきは見えないんだ」と気づきました。

そこで今日は、心理学と引き寄せの法則の関係性を解説しながら、引き寄せの法則についてできるだけ分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

日本人には、「心」に対するネガティブな印象を持っている人が多数いると感じます。

こんなにもうつ病になる人が多いのに、うつ病をはじめとするメンタル疾患にはまだまだ偏見が強いし、なんだか「心」と向き合うなんて、弱い人がすることみたい、自分は悩んで病むような弱い人間じゃない!、心理学なんて、心理カウンセリングなんて、そんなの必要ない。そんな考えの人が多いんです。

みんな自分には関係ないと思っているけど、、、関係ない人なんて、誰一人いない。

「心」。これは、私たちの体と密接に結びついている、大切な大切なものです。

自分の体や心を大切にするのは、恥ずかしいことなんかじゃないし、悩むことも、弱い自分も、恥ずかしいことでもなんでもありません。
むしろ、本当に「自分」らしく、いきいきと生きて行く上では、自分の「心」ときちんと向き合うことは本当に大切なことです。

その自分の「心」と向き合う方法を教えてくれるのが、心理学です。

そして、自分の「心」と向き合うことは、「引き寄せ」を遠ざけるんじゃなくて、むしろ自分が望む「引き寄せ」を起こすためにとっても大切なんです。

 

ということで本題に入ります。

先ほど、引き寄せの法則は、

①「自分が思考したこと、自分が日頃思っていること、無意識に前提としていることが現実となる」
②「自分の発した波長と同じ波長のものが引き寄せられる」

ということだとお伝えしました。

実は、この①にも②にも、心と向き合うことが欠かせないんです。

 

それでは、どういうことなのか、順番に、①から見ていきましょう(^^♪

①「自分が思考したこと、自分が日頃思っていること、無意識に前提としていることが現実となる」

これは、人間の心や脳の仕組み上、当然と言えば当然のことなんです。

私たちは日ごろ、目の前で起こっていることを、五感などを通じ、情報として脳の中に取り込んでいきます。

そしてその取り込まれた情報は、自分の中にある記憶と結びついて、喜怒哀楽の感情を生み出します。そしてその感情が、ドキドキしたり汗をかいたりする身体反応になって現れたり、笑ったり泣いたりする行動に結びついたりします。そして、その感情、身体反応、行動がまた記憶となり脳の中に保管される、というサイクルの中で、「思考」を生み出します。そしてその「思考」がまた感情や記憶を強化したりして、現実を見る時のフィルターとなっていきます。

つまり私たちは事実そのものを理解している訳ではなく、自分の五感や思考、記憶、感情などからできるフィルターを通して、ほんの一部の情報だけを収集し、そして自分なりに加工されたものを、「現実」だと思っているんです。

(詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ)

だから、人によって同じ事柄でも見え方、感じ方が全然違うし、本当にびっくりするくらい同じ出来事に対する解釈が違っていたりします。

もちろん正解なんてありません。

みんなフィルターを通してしか現実を見れないので、ただ違うだけで、正しいも間違ってるもない。

そして、この心や脳の仕組みがあるからこそ、引き寄せが可能になるんです。

どういうことかと言うと、「思考」や「記憶」、「感情」が自分にとっての現実を創っているのであれば、それを逆に利用して、自分がありたいように、自分の「思考」の癖を見直したり、「記憶」を書き換えたり、「感情」を上手に受け止め消化することができれば、見える現実が変わってくる、ということです。

 

そして、実はこの、自分の「思考」を見直すことも、「記憶」を書き換えることも、「感情」を上手に受け止め消化することも、カウンセリングやセラピーで、できることなんです。

普通に考えると、「えー!!そんなことできんの…そんなことできるなら誰も苦労しないし。」て思うかもしれませんが、そんな魔法みたいなことが、ほんとに、できます(^^)

その理由は、心理カウンセリングやセラピーが、潜在意識と繋がるものだから。

私たちの意識は、大きく二つに分けられると考えられていて、それが「顕在意識」「潜在意識」です。
そして、私たちの意識の90%以上を「潜在意識」が占めていると言われています。だからこの「潜在意識」の方が、「顕在意識」よりもはるかに、強い力を持っているんです。
でも、「潜在意識」って、無意識のことですから、普段起きている時の私たちが、「潜在意識」の中にあるものを意識しようと思っても、自分ではなかなか難しい。

カウンセリングやヒプノセラピーなどでは、その「潜在意識」にアクセスして自分の心の整理整頓を行ったり、自分がそうだと思い込んでいた過去の解釈を変えたりすることができる。

もちろん、まずは、自分で自分の「思考」を変えていくことも出来なくはないんです。
顕在意識レベルでも、繰り返し繰り返し、自分に植え付けたい「思考」を行っていれば、それは潜在意識に入っていきます。潜在意識は、繰り返されるものを重要だと考えます。

ただ、このやり方だけの場合、人によっては結構時間を要すると思われます。

人の思考は一日に10万回も切り替わると言われていますので、その思考を常にコントロールするのは難しいですし、潜在意識の方が圧倒的に強いため、それまでに潜在意識にしみこんでいる「思考」や「記憶」があれば、何かあった時に、そちらの方がどうしてもふとした時に出てきやすいんです。

一時的にポジティブ思考になって、「わー!」とテンションを上げることが出来ても、ちょっと辛いことがあったり、しばらく時間が経つとまた潜在意識の方に眠っていたネガティブが出てきたりします。

もちろん、それでも諦めずにポジティブな思考を続けていれば、ちゃんと潜在意識に入っていく時が来るし、ネガティブがいけない訳でも何でもないので、焦る必要はありません。

ゆっくり、本当に引き寄せたい現実を手に入れるまで楽しめば良いのですが、しんどい時もあったり、何だか分からないけどモヤモヤしたり、忘れたい過去を引きずったりするのが人間です。

しんどい時は無理せずに、カウンセリングやセラピーに頼る、そうすれば、過去のこともちゃんと消化できて、ありのままの自分をより受け入れることができるようになります。

それによって、ブロックの無くなった潜在意識レベルで、素直に前向きな思考を持つことができるし、ありのままの自分を受け入れることで、安心して、心の底から自分を喜ばせることができるので、引き寄せのスピードがさらに速まると考えてもらうと良いと思います。

 

「自分の発した波動と同じ波動のものが引き寄せられる」

さあ、では②に移りましょう。

②は、馴染みがない方もいらっしゃるので、人によっては驚かれたり、受け入れがたい内容だったりすると思います。そんな方は、軽く聞き流していただいても大丈夫ですよ(^^)

これは量子物理学というちょっと難しそうな分野が根拠になっています。

つまり、人間をはじめとするこの地球上のもの、もっと大きく言うとこの宇宙に存在しているものが、どのような存在なのかを理解することが鍵になっています。

私も、専門家ではないので、あまり突っ込まれて聞かれてもちゃんと答える自信は全然ありませんし(笑)、子どもの時は物理をはじめとする理科にかなりの苦手意識を持っていたのですが、引き寄せの法則では必ずと言っていいほど出てくる話なので、今となっては量子物理学と聞くと、「あ!引き寄せ!」と思って、すごい興味を持つようになりました。

私のような理科が苦手な人のためにも、なるべく分かりやすいように、説明しますね(^^)

 

私たち人間を含む動植物や地球上の物質は、原子が集まってできている存在だ。
それくらいは、みんな中学校とかで習って、何となく知っていることだと思います。

そして、この原子というのは、「原子核」と、その周りを動き回っている「電子」で構成されている、ということが分かっています。
この「電子」は、すごい高速かつ複雑な動きで原子の中を動いているため、そこには「振動」が生じていて、その振動から、「波動」が出ている。

つまり、私たちの体は、無数の原子で構成され、その原子からはそれぞれ「波動」が発せられていることになります。
特に、脳は、すごい大量の電気信号のやり取りで情報伝達を行っているため、強い波動を出していることになります。

そして、波動を出しているのは、動物、植物、物質、音、光、色々なものが混じり合う空間、全てということになります。

その波動が合うものが引き寄せ合う、という訳です。

 

良く分からない方は、例えば、「重たい雰囲気」、「イライラした感じ」、「ぴりぴりした緊張感」、そういったものを感じたことはみんな少なからず、あるでしょう。

それはつまりその「場」の波動を感じ取り、それが自分が望む波動と違うものだから、ストレスを感じて、居心地が悪いと思ったりする。

音の組み合わせも同じ。

音は波動が耳を通じて入ってきて音楽に聞こえますが、人が心地よく感じる和音と、心地よく感じない和音がありますよね(不協和音と呼ばれるもの)。

ちゃんと人は、波動が合っている、合っていないというのを感じ取れるわけです。

 

人間って、目に見える皮膚や筋肉、血管や臓器だけで構成されているのではなく、目に見えない波動も同時にまとっている存在なんですね。

なんだかすごいですよね。私は最初これを知った時、本当に驚きましたし、すごく感動しました。

人も動物も植物も、この地球や宇宙と、波動で繋がっている。お互いに共鳴し合い、影響を与え合っている…

 

引き寄せの法則では、その自分の「波動」を、自分が望む幸せな状態に合わせ、同じ波動の現実を引き寄せようとしているんです。

そしてここでも、心理学が役に立ちます!

じゃあ、「自分が望む幸せな状態」ってどんなでしょうか。
実はこれも、すぐに明確に思い浮かぶ人と、よく分からない人といるんです。
そんなことをあまり考えたことがない人だったら、ほとんどの人がよく分からないかもしれません。

結局それも、自分の潜在意識との対話なんです。
潜在意識の整理整頓が全然できてなくて、他人から、親から言われたこととかを、自分がやるべきことなんだと思い込んでいたりすると、自分が本当はどんな状態を望んでいるのか、何をすると幸せを感じるのか、分からなかったりするんです。
そんな時にも、心理カウンセラーが行う「カウンセリング」や「コーチング」の出番です。

でもまあまずは、自分でやってみます、という方が多いかと思いますので、次の項目では、まず自分で引き寄せの法則を実践するための手順をお伝えしますね!

 

「引き寄せの法則」を実践する方法

皆さん、「引き寄せの法則」がどんなものか、ということは大体理解していただけたでしょうか(^^)

では、ここまでのお話を踏まえて、実際に「引き寄せの法則」を実践する方法を順を追ってお伝えしたいと思います。

引き寄せの法則のやり方には、色々あって、それぞれ本の著者などで異なる部分もあって、どれが正しいとか、間違っているとかはないと思います。多分人によって、合う方法も多少違うと思うので、色々やってみて、自分が最もやりやすくて、心に響くやり方で、やってみればいいと思うんです。

ここでは、私が学んだ引き寄せの法則と、心の仕組みを活用して自分が実際やってきて良かった方法をまとめてみました。

 

① 自分の思考や感情を大切にする。

まずは初めの一歩。

私たちの一日のうちに何度も何度も色んなことを思考しています。

まずはこの思考を、全ては無理でも、朝起きた瞬間、仕事や学校に行く前、お仕事中、夜寝る前など、ポイントポイントで、しっかりと観察し、意図的に思考することを変えていきます

例えば、朝起きた瞬間。「十分に寝れなかった。今日も仕事、嫌だな」と思考するのではなく、「ぐっすり、お布団で寝れて幸せだった。今日はきっと、良い事があるぞ」と考えてみる。最初は心からそう思えなくても大丈夫です。まずは、意図的にそう考えてみることから始めましょう。

そしたら、心の仕組みが働いて、同じ場面でも、今までとは違う新しい思考により、新しい感情の在り方が生まれ、それが新しい記憶を創っていきます。

そして、感情が生まれた場合は、ありのまましっかりと感じること。感情は、しっかりと感じきってしまえば消えていきますが、無理して抑えたり、感じないように無視したりすると、心の中にずーっと溜まっていって、違う形で出てきてしまいます。

怒られて悲しい時、腹が立った時、波だった自分の心をまずはじーっと見つめてください。

「あー、悲しいなあ。私悲しかったなあ。」とか、「もう本当に腹が立つ!!腹が立ったー!!」とか。

そこ(心の中)には、悲しんだり、怒ったりしている子どもの自分がいるとイメージしてください。そして、感情をちゃんと受け止めてあげたら、「本当はどうしてほしかったのかなあ。」って、子ども自分に訊いてあげてください。

本当の自分の気持ちを素直に伝えたら、心の中の子ども自分は、穏やかになっていきます。

感情が穏やかになったら、また自分の思考を前向きにチェンジ。

魔法の言葉「全てに意味がある」。これはとてもお勧めです。

何が起きても、次の瞬間に、プラスの状態に切り替われる、私にとっての魔法の言葉であり、大切な思考です。

 

 

② 小さな「願望」を大切に行動する。自分の魂の声に耳を澄ませる。

前述の①と同時にやってほしいのが、この小さな願望を大切にするということです。

引き寄せをやる時、失敗したり途中でやめてしまう原因になるのが、突然大きな望みを引き寄せようとすること。

引き寄せは波動が同じものである必要がありますから、突然今の自分の波動とは異なるものを願っても、それは叶わないんですね。

それよりも、まず今日やりたいことをやったり、行きたいところに行ったり、食べたいものを食べたり、そういう今できる小さいことをちゃんとやって、幸せを感じることの方が効果があります。

自分の普段のそういう小さい願望は、全て自分の魂からの大切なメッセージだと思いましょう。

こうするべき、こうしなきゃ、じゃなくて、一つ一つ、自分がどうしたいかちゃんと感じて、勇気を出して、実行することが大切です。

これ、結構最初は難しいんです。自分の中にみんな今まで取り込んできた色んなルールがあるから、それに背くのって、すごく勇気がいります。

だから、今までより、1分だけでも、2分だけでも、勇気を長続きさせること。そして本当にやりたいように行動すること。

地道なことですが、この積み重ねがとても重要になってきます。

ちなみに、このやりたいことなどの願望は、「純粋無垢なエネルギー」のものであることが大切なんだそうです。
そこに、見返りを求める心や、下心があったりすると、それが波動を下げてしまうからです。

だから、心から、本当に自分がやりたいかどうか。純粋な気持ちで、やりたいかどうか。
それがとても大切なんですね。

 

③ 常に、自分が持っているもの、自分にあるものを大切にして、無いものに対する執着を手放す。

引き寄せのためには、今この瞬間の自分の波動を上げることが必要ですし、自分には既に、「ある」という思考が欠かせません。それが同じものを引き寄せるからです。

だから、今自分にあるものにちゃんと気づくことがとても大切です。

今自分にあるもの、自分が恵まれていることに気づくと、自ずと感謝の気持ちが湧いてきます。この感謝の気持ち、とっても波動が上がると言われています。

あと、「この現実がほしい!」という思考はちょっと要注意です。

「ほしい」という思考は「今はない」という思考とセットなんです。

今はなくてほしい、という思考に、不安や恐怖が伴っていると、波動も下がります。

だから、「今の自分に必要なものは、すでに、今、ここに全てある。」そんな思考が大切なんです。

最初は心から思えなくてもいい。これも同じです。

まずは「全てある!」意図的にそう思ってください。

そしたらちゃんとそれを裏付ける出来事が少しずつ、起こりますから(^^)

 

④ 自分と周囲の、小さな変化を見逃さない。必ず変化は現れる!

①~③をやっていくと、必ず、小さな変化が起こるようになってきます。

旦那さんと楽しくコミュニケーションできる時間が増えたり、仕事で自分が何かをしようと思っていたら特に自分が何もしなくてもそのタイミングでスムーズに事が運んだり、気になっていた人から連絡があったり…

私の場合はボタンも押してないのにエレベーターが来るとか、調子がよいとそんなこともよく起こります笑

そんな小さな変化を見逃さないでほしいんです。

そしてそんな変化に気づいたら、わあー!!引き寄せたよ~!!と大げさに喜びましょう(^^)/

そのワクワクが、さらに次の引き寄せに繋がります。

⑤ 自分の望むものが明確になってきたら、できるだけリアルに、五感を使ってどんどんイメージを楽しむ。

自分の小さな望みを一つずつ叶えていくうちに、そのうちに自分が本当にしたいもっと大きなことや、やりたい趣味などが明確になることがあります。

そういうのが見つかったら、できるだけ頻繁に、リアルに、五感を使ってどんどんイメージしてみましょう。

ちなみに、ブログで何度もお伝えしていますが、潜在意識には、現実とイメージの区別がしにくいという特徴があります

なので、五感(見えるもの、聞こえるもの、感じるもの)を使ってリアルに何度もイメージすることで、潜在意識にそのイメージが現実として刻まれ、力の強い潜在意識が、それを現実にするのを自然と手伝ってくれます。

そして何より、そのイメージをしてる間、本当に幸せな気持ちやワクワクした気持ちを感じることができます。

それが、私たちの波動をぐんぐん上げて、引き寄せを加速させてくれるんです。

⑥ 途中で諦めない。粘り強く、何が起こっても、自分を喜ばせる。

最後に、大切なポイント。

引き寄せには、時差があると言われています。

波動が伝わったり共鳴したりするのには、時間を要するというわけです。

また、潜在意識が自分のイメージしたことを現実にしてくれるまでに、自分の体に無意識のうちに色んな指示をだしたりしてくれますが、その結果が目に見える形で現れるまでにも、時間を要します。

だから、少し前に自分が思考したことや自分の波動が、今の自分の現実を創るんです。

引き寄せを始めたのに、何だか上手く行かない!

そんな時にもは、決してその後引き寄せを続けることを諦めないでください。

そして次の瞬間にちゃんと望んだ現実を引き寄せるため、目の前の現実に関係なく、今の自分の心を幸せにする。

何が起こっても、この①~⑥を実行する。

引き寄せをマスターできても、やっぱり自分が望んでもいないことが起きることもあります。

昨日、さらに学ぶだめ、引き寄せの講座を受けたんですが、その時に、「望んでもいない現実が、自分の望んでいることを教えてくれる」っていうことを教わったんです。

だからやっぱり、望んでいない出来事を体験するのも大切なんですね。でもそんな時、心が折れそうになったら、あなたは一人ではないことを、思い出してください。
私も、自分が望む現実を引き寄せるべく、日々自分を喜ばせ、幸せを感じることに奮闘しています(^^)/
他にも、日本中に今、引き寄せの法則に本気で取り組んでいる人がたくさんいます。

そして、真剣に自分と向かい合い、引き寄せの法則を実行しようとしているあなたを、心から応援しています。

これは、自分では無理だ…そんな時は、いつでも、ご相談ください。

 

まとめ

皆さん、心理カウンセラーの視点からの引き寄せの法則、いかがでしたでしょうか(^^)

引き寄せの法則と心が切っても切れない関係だということが、お分かりいただけたでしょうか??

心理の世界が目指すのは、本当にその人らしい人生を、生きれるようになって、産まれてきた喜びを、なるべくたくさん感じることだと私は思っています。

そして、それには、引き寄せの法則が欠かせないし、引き寄せの法則には、心との向き合い方が欠かせないんです。

私は、引き寄せの法則に出逢ってから、本当に人生が大きく変わりました。

引き寄せの法則と出逢ってなかったら、心理学とも出逢ってなかったので、今の私はなかったと思うし、もしかしたら、自分も今頃旦那さんと一緒にうつ病になっていたかもしれない、と思います。

旦那さんがうつ病だろうが、何だろうが、目の前の現実とは関係なく、自分の心としっかり向き合い、自分を認め、受け入れ、喜ばせて、幸せを感じる。

本当に幸せな現実を、一緒に引き寄せましょう(^^)/

ただいま、無料カウンセリング、受け付けています(^^)
詳しくはこちら

うつの夫を持つ妻が笑顔になるための、12日間のメール講座の購読申し込みはこちら

宜しければご協力お願いします♪

この記事を書いている人 - WRITER -
家族がうつ病や双極性障害になった方のためのブログを書いています。家族の病気は、実はあなた自身を救うための出来事かもしれません。 自分の人生は、自分で創っているものなのです。カウンセラーの資格をもつ筆者が、自身の経験も交えながら、夫や家族のうつ病・双極性障害をきっかけに、本当の自分らしい人生を創り、真に幸せに生きていくためのコツを、ブログやメルマガでお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はなこのブログ , 2018 All Rights Reserved.