優しい世界のクリエイター・女性のためのコーチ・セラピスト

落ち込んでいるあなたへ。安心して、落ち込もう。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
優しい世界のクリエイター、はなこです。夫のうつ病をきっかけに、人が持っている心の力を知り、夫がうつになった方を中心に、ブログでの情報発信等を行ってきました。今は、一人ひとりの「優しい気持ち」が、誰もがのびのびと生きることができる優しい社会を作るという信念のもと、どんな時でも優しい気持ちで生きることを広めるため、新たな活動を展開中。このブログが、読んでくださる方々お一人お一人の大切な毎日に、優しく寄り添えるブログになったらいいなあと思っています♪
詳しいプロフィールはこちら

「いい気分」は変化する?!

こんにちは!

はなこです。

 

今日はとっても大切な気づきがあったので、

皆さんにも共有したくなって、

ブログを書いています。

 

今日は、

朝からとても気持ちの良い天気で、

春の、本当に良い朝でした。

「なんて素敵な朝なんだろう。気持ちがいいなあ。」

そう思って気持ちよく過ごしていたのですが、

朝食後、少しだけお腹の調子が悪くなって、

それをきっかけに、

気持ちが落ち込んでしまいました。

 

本当に、些細もないちょっとしたことがきっかけで、

私達の気分って、

ころころ変わりますよね。

 

日によっても、

時間によっても。

ましてや、

ものすごく嫌なことが起こった時なんて、

落ち込んだ気持ちをずーっと引きずってしまったりします。

人間の気分なんて、

簡単なことで、変化します。

 

この世界では、

同じ性質のものが引き寄せあう、

「引き寄せの法則」が働いている、ということを知ってから、

私は、

「良い気分」でいることを大切に過ごしてきました。

いえ、正確には、引き寄せの法則を知る前からかもしれません。

 

何があっても、「良い気分」でいることや、

自分自身が「幸せ」を感じることが大切。

そう思って、生きてきました。

それをいつでも、自分次第で選択できるんだ、と信じてきました。

 

でも、

その信念が強すぎて、

落ち込んだ気分を恐れたり、

落ち込んでいる自分を無意識に責めたり、

ネガティブな気持ちを否定したり、

どうやったらその憂鬱な気分を払拭できるのかともがいたりして、

余計に苦しい時がありました。

 

確かに、

何があっても、「いい気分」でいることや、

自分自身が「幸せ」を感じることが大切。

それは、やはりそう思います。

自分の幸せの責任を、

自分でとるということが、

私達人間の本来持っている力で、

自然な姿だと思うからです。

 

ただ、この世界のものは全て、

変化していくもの。

だからこそ、

私達の気分や、

目の前の現実も変化していく。

それにも関わらず、

私の中で、

「いい気分」のイメージが固定化していることに気が付きました。

「いい気分」=「最高の、幸せに満ち溢れた心の状態」

という風に、がちがちに決めつけてしまっていたのです。

 

でも、

すごく落ち込んでいる時に、

「最高の、幸せに満ち溢れた気持ちになろう!」

と思ったって、

心はまったく、ついて来てくれません。

それどころか、

その差が大きすぎて、

逆に落ち込みがひどくなったりします。

だから、

日々、一刻一刻変化する自分の気分に合わせて、

その時の自分に一番合った「いい気分」を選択することが、

とてもとてもとても、大切です。

 

自分にとっての「いい気分」とは、

その時、その時の自分次第で、変化するものだったのです。

 

その時の自分に合った「いい気分」になるために。

私が自分の人生で一番大切にしたいことの一つ。

それが、「優しい気持ち」になること。

 

落ち込んでいる時は、

その落ち込んでいる自分自身の心を大切にして、

「あー私、不安なんだな。怖いんだなあ。

いいよ、大丈夫。

今は、不安を感じてあげよう。

怖い気持ちを感じてあげよう。

あー、怖かったよねえ。」

自分の心に対して、

そう言いながら、自分自身が、寄り添ってあげる。

 

そうすると、

不安を感じている心が、

不安を感じてもいいんだな、と、

ちょっと安心するのが分かります。

 

「不安を感じながらも、

今日も生きていてくれてありがとう。

一生懸命生きている私、

素晴らしいなあ。」

と自分自身にまた、寄り添います。

 

そうすると、

不安を感じていた心が、

また少し、優しい、安心した気持ちになるのが分かります。

 

そうしたら、

それで、十分です。

その、不安ながらも、優しい、安心した気持ちを感じたら、

それが今の自分にとっての、

「いい気分」。

 

この宇宙に、

この地球に、

たった一人の存在として産まれてきている、

私達全て、一人一人が、

唯一無二の人生の中で、

深い深い幸せを感じるに値する存在です。

 

でも、幸せを感じれなくてもいい。

どんなに落ち込んでも、

自分の価値は、低くなったりしない。

 

辛いことがあった時、

気分が落ち込んだ時は、

「大丈夫。最後は全て、うまく行くよ。

だから、今は、どうしてそんなことが自分に起こるのか、

分からなくても大丈夫。

安心して、落ち込んでいいよ。」

そういう優しい言葉を、

自分が、

自分自身にかけると、

気持ちが優しくなります。

 

気持ちが優しくなると、

周りの優しさにも気づけるようになる。

不安や、

悲しみや、

辛い気持ちを知ったからこそ、

この世界の優しさや、

美しさにも、気付けるようになる。

人の気持ちにも、

寛容になれる。

 

優しい気持ちは、

闇と光を繋いでくれる。

だから、

晴れの日も、

雨の日も、

とにかく優しい気持ちになれたら、

それで十分!

 

今日も、読んでいただいて、ありがとうございます^^

 

はなこ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
優しい世界のクリエイター、はなこです。夫のうつ病をきっかけに、人が持っている心の力を知り、夫がうつになった方を中心に、ブログでの情報発信等を行ってきました。今は、一人ひとりの「優しい気持ち」が、誰もがのびのびと生きることができる優しい社会を作るという信念のもと、どんな時でも優しい気持ちで生きることを広めるため、新たな活動を展開中。このブログが、読んでくださる方々お一人お一人の大切な毎日に、優しく寄り添えるブログになったらいいなあと思っています♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はなこのブログ , 2022 All Rights Reserved.