夫がうつ・双極性障害になった人のための

うつ病の家族としてのつぶやき。~うつ病家族のあるある!~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
家族がうつ病や双極性障害になった方のためのブログを書いています。家族の病気は、実はあなた自身を救うための出来事かもしれません。 自分の人生は、自分で創っているものなのです。カウンセラーの資格をもつ筆者が、自身の経験も交えながら、夫や家族のうつ病・双極性障害をきっかけに、本当の自分らしい人生を創り、真に幸せに生きていくためのコツを、ブログやメルマガでお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

旦那さんがうつ病になって、変わったこと。

今日は、知識うんぬんじゃなくて、旦那さんがうつ病になって、私の中で変わったこと、感じることを、呟いてみよう、と思います。

同じように家族がうつ病になった方には、うんうん、そうそう、と思っていただけることがあれば嬉しいし、うつ病には縁がない方には、そうなんだ、と知ってもらえれば嬉しいです(^^)

①毎日生きてることを当たり前じゃなく、本当に有り難く感じるようになった。

もちろん、旦那さんがうつ病になる前から、生きていることは有り難い、そういう気持ちはありました。

でもやっぱり、健康であったり、普通に生活できることが当たり前になって、気づかないうちに色んなことに甘えて過ごしていました。今考えてみたら。

旦那さんが病気になってから、本当に、毎日私も旦那さんも生きていることが有り難くて、1日1日が大切で、今日、なるべく早く帰って、一緒にご飯を食べる、一緒に過ごす。それが自分の中で一番大切なことになりました。

②残業するのが当たり前な風土の会社で働くのが辛くなった…

まずは、旦那さんが病気になったきっかけも果てしない時間外労働だったので、そのことに対する怒りもあり、自分自身が、今日、旦那さんと一緒に夜ご飯を食べる、一緒に過ごす時間が大切になったので、早く帰れないことに対してとても歯がゆさを感じるようになりました。

1日1日が大切なのに、「生きるための仕事」なのに、仕事をするために平日を過ごすような、会社の風土…

それが今の日本の豊さを作ってきたのはよく分かるけど、それで失われたものもたくさんあると思います。

毎日、毎日家族や友人と過ごす時間や、自分の好きなことをする時間を大切にする人生と、そうじゃない人生。

そこには本当に大きな差があると思います。

仕事が大好き!時間も関係なく働きたい!そんな人はもちろんそれでいいと思いますが、今の日本では、そうじゃないのに、我慢して、無理して、仕事に没頭するうちに、自分が何が好きで、何が大事で、何を感じていて、そんなことも分からなくなってしまう…そして元気や、愛が足りなくなっていく…そんな人が多い気がして。

③自分らしく生きることを考えるようになる。

旦那さんが病気になる前は、私も、会社の同期の友達と一緒に、30歳前後で結婚して、1年くらいしたら子どもが生まれて、育休を取って、マイホームを持って…

そんな、社会で一般的と思われている人生を送っていくのかな、と何となく思っていました。

でも、旦那さんが病気になってからは、結婚も、子どもを作ることも、想像していたとおりにはならなくて、初めはそれを辛く感じていました。
なんで私はみんなと同じように進めないんだろう… 順調に結婚、出産と進める友人達と自分を比較したりして。

でも、人生はみんな人それぞれ。自分らしい生き方を見つけていくしかない。

今は、旦那さんの病気が、「自分たちらしい生き方を見つけなさい。」そういう神様からのメッセージなんだと感じています。

全ては、自分が引き寄せている流れ。そこには必ず、自分へのメッセージが隠されています。
前向きにそのメッセージと向き合ったとき、道は開ける。今は、それを実感しています(^^)

家族がうつ病になると、辛い時期もあるけど、必ず今までと違った幸せにたどり着ける!

旦那さんが病気になって、5年。

初めは本当に辛い時期もありました。今も、時々、心配だったり、不安な時もあります。

でも、旦那さんの病気がなかったら、自分らしく生きることについて、ここまで真剣に向き合えなかったかもしれない。ここまで、命の大切さを痛感して生きることができなかったかもしれない。

本当の自分らしさに気づいてくると、本当に毎日が楽しく、わくわくしてきます。

周りの期待に応えることや、迷惑をかけないことなど、そんなことを気にして生きるんじゃなくて、本当に今自分が生きていることに感謝して、自分の命に感謝して、周りの命に感謝して、自分らしく生きることの愛おしさ。

そこには、今まで知らなかった、気づかなかった、本当の幸せがある。

ここに辿り着くことができたのは、旦那さんの病気のお陰なんです(^^)

旦那さんも、きっといつか、そう実感できる。その日は、すぐそこまで来ている気がします。

この記事を書いている人 - WRITER -
家族がうつ病や双極性障害になった方のためのブログを書いています。家族の病気は、実はあなた自身を救うための出来事かもしれません。 自分の人生は、自分で創っているものなのです。カウンセラーの資格をもつ筆者が、自身の経験も交えながら、夫や家族のうつ病・双極性障害をきっかけに、本当の自分らしい人生を創り、真に幸せに生きていくためのコツを、ブログやメルマガでお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はなこのブログ , 2017 All Rights Reserved.