夫がうつ・双極性障害になった人のための

ヒプノセラピーとは?

2017/04/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
家族がうつ病や双極性障害になった方のためのブログを書いています。家族の病気は、実はあなた自身を救うための出来事かもしれません。 自分の人生は、自分で創っているものなのです。カウンセラーの資格をもつ筆者が、自身の経験も交えながら、夫や家族のうつ病・双極性障害をきっかけに、本当の自分らしい人生を創り、真に幸せに生きていくためのコツを、ブログやメルマガでお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

ヒプノセラピーって、聞いたことありますか?

ヒプノセラピーって聞いたことあるでしょうか。

日本語にすると、催眠療法のことです。

催眠っていうと、何か怪しいイメージがありますね笑

私が小さいころ、時々テレビで、催眠術にかけられ、コントロールされる、みたいな番組があっていました。

きっとそういうイメージのせいでしょう。

でも、心理学でいう催眠状態とは、眠っていてコントロールされるような状態ではありません。

分かりやすく言うと、催眠状態とは、究極にリラックスしていて、とても集中している状態です。

アメリカでは、50年以上前から医学会で正式な心理療法として認められています。

例えば、とても面白いテレビを見ているとき、ちょっと話しかけても気づかないくらい集中しているとき、ありますよね。

私たちは、普段から起きている間に、何度も催眠状態になっています。

きちんと意識がある状態なので、例えば言いたくないことや、したくないことは、きちんと自分で制御することができます。

この催眠状態のときに、顕在意識と潜在意識(無意識のこと)の境界が緩くなる、と言われています。

「顕在意識と潜在意識の境界?」

何のことだろうと思われるかもしれませんが・・・

顕在意識と潜在意識

人間の意識には、顕在意識と潜在意識の2種類があると言われています。

顕在意識というのが、普段私たちが意識的に使っている意識です。

そして、潜在意識というのは、いわゆる無意識です。

私たちは、呼吸や睡眠など、生きるのに必要なことを無意識にしています。

この無意識が、実は人間の意識の90%以上を占めている、と言われています。

つまり、私たちの生命活動のほとんどが潜在意識、無意識によって行われているのです。

 

90%以上が無意識?

どういうことだろう?と思うかもしれません。

例えば、人前に出た時に緊張して、手に汗をかく、お腹が痛くなる・・・

これは意識して起こることではないですよね。

よく考えると、1日のうちに無意識に起こること、たくさんあると思います。

そして、私たちの悩みの原因も、この潜在意識の中にある、と考えられています。

 

子どもの頃は、顕在意識と潜在意識の間に、境界がないと言われています。

だから子どもは、すごい勢いで、色んな知識を吸収するし、例えば遊びに集中しながら大人の話を全部聞いていたり、これも、潜在意識も使えるからできることです。

それが、10歳~12歳ころになると、顕在意識と潜在意識の間に、境界ができるのです。

 

この境界ができると、潜在意識に入り込んでいることを書き換えるのが難しくなります。

 

例えば、小さいころに、食べ物を残したらいけない、と教えられたとします。

それは、子どもの潜在意識に、しっかり植えつけられます。

そして、そのまま12歳くらいになると、潜在意識に蓋をする・・・

そうすると、その人にとって、食べ物は残したらいけないのは、当たり前、絶対のルールになります。

 

この潜在意識に入っているものが、今の自分の状況や、本来の自分らしさにマッチしていないと、私たちはストレスを感じ、悩むのです。

 

ヒプノセラピーは、この潜在意識に入っている、悩みの原因となっている思い込みに気づくためのセラピーです。

 

ヒプノセラピーは、自分の潜在意識と向き合うセラピー

つまり、ヒプノセラピーとは、リラックスした状態になり、顕在意識と潜在意識の間の境界をゆるくして、自分の潜在意識と向き合い、そこに入っている思い込みを書き換えるセラピーなんです。

誰かにコントロールされたりするものでなければ、占いのような、スピリチュアルでもありません。

人間の潜在意識には、すごい力があります。

自分の脳や意識には、本当にすごい力が秘められている。

それを味方につけることができるのが、このセラピーのすごいところです。

このヒプノセラピーは、うつ病の治療などにも実践されている心理療法です。

どうしても解消したい悩みがある方、辛い理由が自分では分からなくて困っている、という方に、一度試してほしいセラピーです。

ヒプノセラピー体験ブログはこちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
家族がうつ病や双極性障害になった方のためのブログを書いています。家族の病気は、実はあなた自身を救うための出来事かもしれません。 自分の人生は、自分で創っているものなのです。カウンセラーの資格をもつ筆者が、自身の経験も交えながら、夫や家族のうつ病・双極性障害をきっかけに、本当の自分らしい人生を創り、真に幸せに生きていくためのコツを、ブログやメルマガでお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はなこのブログ , 2017 All Rights Reserved.